3DCG・Web・グラフィック・アート&デザインスクール(学校)のデジタルハリウッド

デジタルハリウッド大阪校

アクセス&マップ

トップ > 学校所在地 > デジタルハリウッド大阪校 ブログ/個別ページ

デジタルハリウッド大阪校ブログ

« 『鉄男 THE BULLET MAN』
塚本晋也監督&主演俳優エリック・ボシック
制作秘話公開イベント開催報告
| Main

大阪校に『シーサイドモーテル』の守屋健太郎監督、登場!
映画の制作秘話公開イベント、開催報告

100612-2
主演の生田斗真&麻生久美子をはじめ、豪華キャスト競演で話題の映画「シーサイドモーテル」。

監督の守屋健太郎氏に大阪校で制作秘話公開イベントを実施していただきました。

守屋監督は、エッジのきいたスタイリッシュな映像、音楽、緻密な構成があいまった独特の作品世界を作り出す映画監督。

デジハリでの講演は、自身初の長編映画となる「スクールデイズ」のセミナーに続き2回目の講演なります!

100612映画「シーサイドモーテル」。

海もないのに“シーサイド”と名づけられた山奥のさびれたモーテルに、ワケアリの男女11人が偶然集まった。

そしてその夜、4つの部屋で4つの事件が起こる。この緻密に練りこまれたストーリーに映画・テレビ・舞台に大活躍中の俳優らが集結!

恋や愛、金や仕事、人生の駆け引きに、これまでのイメージを覆す強烈なキャラクターを発揮。

映像、音楽、ストーリーテリングが緊密に融合した独自の映像世界『シーサイドモーテル』を題材に、撮影舞台裏、映画の製作工程、作品の見どころなど、さまざまな視点から語っていただきました。

100612-9まず参加者のみなさまには、映画予告編を見ていただきました。

その後に、生田さんや麻生さんの普段の姿を見ることが出来て、役者時とのギャップを楽しむことが出来、早く映画館で本編をみたくなるようなメイキングムービーとなっていました。

そして、ついに…守屋監督が登場!

司会より様々な質問をして守屋監督の思いや考え方や映画に対する姿勢などを教えていただきました。

100612-6 Q.本作を作ろうと思われたきっかけ?

A.群像劇が好きで、一度作ってみたいと思っていました。偶然、単行本「MOTEL」をコンビニで立ち読みしました。

その時、キャンディのセリフにある「シーサイドモーテルなんて名前をつけときながらさ、まわりは山ばっかり、どこにも海なんかないじゃない」というユーモラスな設定に惹かれて・・・
この場所を舞台にして“大切な何かが足りない”人たちの物語が描けるんじゃないかと 

100612-7Q.映画監督とPV制作の違いについて
A.PV制作は、楽曲があって、プロモーションの一環としてPV制作を行い、自らの感性を発揮してプロモーションを成功させることが必要になってくる。

映画監督は、さまざまなタイプがありますが、脚本から製作をしたり、頼りになるスタッフ集めなど作家性が必要になってくると思います。


と他にもたくさんの質問にとても丁寧に答えて頂きました。

最後の参加者からの質疑応答では、質問がなくなるまですべての質問に答えていただきました。守屋監督からのサプライズプレゼント(スタッフTシャツ)も頂き、とても満足度の高いセミナーとなりました

100612-10◆参加された方のコメント
[総合ProCGクリエイター専攻卒業 石原さん]
会場で予定していたお話を終えてからも、会場の前で守屋健太郎監督から大変貴重なお話を聞かせいただけて、すごくうれしかったです。
非常に親切に、レベルの低い質問にも丁寧に答えてくださり、監督という仕事をする人間の大きさを感じました。

お話の内容も、本当に勉強になることばかりで、いつか守屋監督のようなディレクターになりたいと感じました。ありがとうございました。映画『シーサイドモーテル』必ず見に行きます。

100612-4[本科CG映像クリエティブ専攻 永井さん]
守屋監督は映画にCMにPV等、幅広い分野で 活躍している方なので、今回のセミナーをとても楽しみにしていました!

お話を聞いているとしっかりとした自分の信念をもっていて、それをただ出すだけではなくて、周りの共演者、スタッフと話し合って自分の世界の一歩先の世界を作り出せる方だなと感じました。

セミナーが終わった後も個人的に質問した事にもしっかりと答えてくれ、好きな映画やアニメの話などで盛り上がりとても気さくな方でした!
自分も映画、映像に興味があり目指すところであるので、すごく刺激を受け、勉強になりました。

群像劇が好きなのでシーサイドモーテルとても楽しみにしています。

100612-3[本科CG・映像クリエティブ専攻  徳岡さん]
監督とはどんな人なのか、見た感じ、オーラみたいな物が出てるのか、興味がありました。
会場に入って来た監督はオーラと言うよりは、失礼な話しなのかもしれませんが、親しみやすい人のような感じがしました。

セミナーが終わった後で、質問した内容ですが、『監督するには何が重要ですか?』と聴いたところ、『すばらしい人達に恵まれる事、すばらしい人達は思ってることが伝わるし、それ以上の提案をしてくれる』。

きっと、そんな守屋監督だから『すばらしい人達』に恵まれるのであろうと感じました。
私もそんな『すばらしい人達』と呼ばれる一人をめざします!!
と熱くなった、そんなセミナーでした。

映画『シーサイドモーテル』は、現在梅田ガーデンシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、シネ・リーブル神戸にて全国上映中です。

またデジタルハリウッドでは、今後もこのように在学生・卒業生の皆様に業界のリアルな現場と知っていただけるような魅力的なイベントを開催してまいります。

デジタルハリウッドへご興味をお持ちの方は、是非一度、学校説明会にご参加ください。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876174051970c0134840cf44b970c

Listed below are links to weblogs that reference 大阪校に『シーサイドモーテル』の守屋健太郎監督、登場!
映画の制作秘話公開イベント、開催報告
:

コース情報

スクール情報

アクセス&マップ

RSS